オスカル・リバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オスカル・ベント・リバス1909年8月17日 - 2004年6月19日)とはアンゴラの作家である。

リバスはルアンダで、アルナルド・ゴンサルヴェス・リバス(ポルトガル人)とマリア・デ・コンセイサン・ベント・ファーリア(アンゴラ人)の息子として生まれた。彼の最初の出版物はニ冊の小説であり、1927年のNuvens que passam (過ぎ去る雲)と1929年のResgate de uma falta(欠乏の救助)だった。

1950年に彼はFlores e espinhos Uanga(花とウアンガの刺)を、1952年にEcos da minha terra(我が大地の響き)を出版した。

彼は1968年にリオ・デ・ジャネイロ国立図書館ゴンサルヴェス・ディアス勲章を受章した。彼はポルトガルリスボンで逝去した。