オクサナ・コスティナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オクサナ・コスティナ
Oxana Kostina
Gymnastics (artistic) pictogram.svg
国籍 ロシアの旗 ロシア
生年月日 1972年4月15日
生誕地 モスクワ
没年月日 1993年2月11日(満20歳没)
種目 新体操
引退 1992年
 
獲得メダル
新体操
世界選手権
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
1989 サラエヴォ 団体総合
1989 サラエヴォ ボール
1991 アテネ 団体総合
ロシアの旗 ロシア
1992 ブリュッセル 個人総合
1992 ブリュッセル ロープ
1992 ブリュッセル フープ
1992 ブリュッセル ボール
1992 ブリュッセル クラブ
テンプレートを表示

オクサナ・コスティナ (英語:Oxana Kostina、1972年4月15日-1993年2月11日)は、ロシア新体操選手。モスクワ出身。

略歴[編集]

1989年1991年世界新体操選手権にソ連の団体総合のメンバーとして出場し、2連覇に貢献した。ナショナルチームにオクサナ・スカルディーナアレクサンドラ・ティモシェンコという2大エースがいたため、個人での出場機会はなかなか与えてもらえず、1992年バルセロナオリンピックも代表に選出されなかった。スカルディーナとティモシェンコが欠場した1992年11月の世界新体操選手権では、史上2人目となる個人5種目完全制覇を達成した[1]

同大会直後に引退。その後、バルセロナ五輪近代五種競技の銅メダリストエドゥアルド・ゼノフカと婚約した。1993年2月11日、交通事故により死亡。コスティナはZenovkaの運転する自動車に同乗していた。その後の警察の調査では、事故当時、ゼノフカがかなり酔っていたことが明かされた。

脚注[編集]

  1. ^ 1987年のブルガリアの旗ビアンカ・パノバ以来、二人目。

出典[編集]