オオツメクサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オオツメクサ
Gewone spurrie plant Spergula arvensis.jpg
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
: ナデシコ目 Caryophyllales
: ナデシコ科 Caryophyllaceae
: オオツメクサ属 Spergula
: オオツメクサ S. arvensis
学名
Spergula arvensis L.
英名
Corn spurry
下位分類群

本文参照

オオツメクサ(Spergula arvensis)は、ヨーロッパ原産のオオツメクサ属の植物である。イギリスのモンゴメリーシャーの州花として知られる。カナダ西部では農業における雑草と見なされている。日本には、明治時代に渡来した[1]

特徴[編集]

1年草、または2年草。草丈は20-50cmで、全体にまばらな腺毛がある。葉は糸状で、やや多肉であり、幅1mmで長さ1.5-4cmになり、基部に白色膜状でへりに細かい歯がある托葉をつける。各節に10-20個の葉が偽輪生する。花序は茎の先端か枝の先端につき、まばらに小さな白い花をつける。花は、5枚の白色の花弁をもち、雄ずいは10個で、花柱は5個になる。5枚の鈍頭の卵形で長さ3-4mmになるがく片をもつ[2]。花期は6-8月にかけてである[2]。果実は楕円形で、がくよりやや長い。黒色の種子は直径1mmで、凸レンズ状にふくらんでおり、まわりにコルク質の狭いひれがある。[1]

分類[編集]

種子の大きさや毛の有無で以下の変種に分ける場合もある。

  • 種子が無毛[1]
オオツメクサ Spergula arvensis L. var. sativa (Boenn.) Mert. et W.D.J.Koch[3]
  • 種子に白色の棒状突起毛がある[1]
ノハラツメクサ Spergula arvensis L. var. arvensis[3]
  • 種子が大きいもの[2]
オオツメクサモドキ Spergula arvensis L. var. maxima (Weihe) Mert. et W.D.J.Koch[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 原色日本帰化植物図鑑(1975)
  2. ^ a b c 原色日本植物図鑑 草本編II (1961)
  3. ^ a b c 米倉浩司・梶田忠 (2003-) BG Plants 和名-学名インデックス」(YList)

参考文献[編集]