カール・アクセル・マグヌス・リンドマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Carl Lindman

カール・アクセル・マグヌス・リンドマン(Carl Axel Magnus Lindman、1856年4月6日 - 1928年6月21日)はスウェーデンの植物学者、植物画家である。1901年から1905年の間に刊行された『北欧の植物図』("Bilder ur Nordens Flora" )の著者である。

ハルムスタードで生まれた。幼い時に父親が死に、1864年にベグショーに移った。1874年にウプサラ大学に入学し、植物学と動物学を学んだ。1884年にウプサラ大学の准教授となった。1887年からスウェーデン自然史博物館の標本管理を行うRegnellian Amanuensisの仕事を始め、ベルギアンスカ植物園(Bergianska trädgården)の助手も務め、ラテン語学校(Högre Latinläroverket)の自然史と物理学の講師も務めた。1892年に、 グスタフ・マルメ(Gustaf Malme)と王室から資金を授与され、ブラジルとパラグアイへの探検調査を行った。帰国後、講師の職を再開し、1896年から1900年の間、皇太子の教師を務めた。この間、『北欧の植物図』の執筆を行った。1905年にスウェーデン自然史博物館の植物学の教授となり、1923年までその職を続けた。1913年にスウェーデン科学アカデミーの会員にえらばれた。

パイナップル科の属名、Lindmaniaに献名されている。

著書の画像[編集]

参考文献[編集]

  • R. E. Fries, 1950: A short history of botany in Sweden. Seventh International Botanical Congress, Stockholm. Almqvist & Wiksells bioktryckeri AB, Uppsala.
  • H. Hesselman, 1929: Carl Axel Lindman. Kungliga Vetenskapsakademiens Årsbok 27.