エンザスタウリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エンザスタウリン
識別情報
CAS登録番号 170364-57-5
PubChem 176167
ChemSpider 153463
ChEMBL CHEMBL300138
特性
化学式 C32H29N5O2
モル質量 515.6 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

エンザスタウリン (enzastaurin) は、潜在的抗がん活性を有する合成ビスインドリルマレイミドの一つである。ATP結合部位に結合することによって、エンザスタウリンは血管内皮細胞増殖因子 (VEGF) 刺激による血管新生の誘導に関与している酵素であるプロテインキナーゼCβを選択的に阻害する。この化合物は腫瘍への血液供給を減少させることによって成長を妨げると考えられる。

2013年、リンパ腫に対する第3相試験が失敗したことを受けて、開発が中止された[1]

脚注[編集]

外部リンク[編集]