エレオノール・ドニュエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エレオノール・ドニュエル

ルイーズ・カトリーヌ・エレオノール・ドニュエル・ド・ラ・プレニュ(Louise Catherine Éléonore Denuelle de La Plaigne, 1787年9月3日 - 1868年1月30日)は、ナポレオン・ボナパルトフランス人の愛人。

平民出身のメイド1805年に大尉と結婚するも、夫は9週間で公費流用で入獄して破局。翌1806年カロリーヌ・ボナパルトから兄ナポレオンを紹介され愛人関係になって、彼の子を身ごもり出産した。子供は爵位と年金を与えられて庶子として認知され、レオン伯シャルルとなった(以前に付き合っていたジョアシャン・ミュラが実父の可能性もある)。1808年に歩兵中尉と再婚するが、夫は4年後に戦死した。その後、1814年にルクスバーグ伯爵シャルル・エミール・アウグスト・ルイと三たび結婚した。