レオン伯シャルル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レオン伯シャルル(Charles Léon, 1806年12月 - 1881年4月15日)は、フランス貴族ナポレオン1世庶子

ナポレオンと愛人エレオノール・ドニュエルの間に生まれるが、実父はジョアシャン・ミュラであった可能性があった。それでも認知されて1815年には伯爵に叙せられた。1832年には、イギリス人大尉決闘で射殺し、1840年には ルイ=ナポレオン(後のナポレオン3世)と決闘(未遂)をしている。

正妻との一人娘のシャルロットと、その他に庶子が3人いた。ナポレオン1世没後100年に当る1921年に、当時55歳のシャルロットがインタビューを受けている。自身にはナポレオンによく似た一人息子がいたが第一次大戦に従軍して戦死し、3人の異母兄弟達も大戦中に死亡したという。