エルコール・コンサルヴィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルコール・コンサルヴィ

エルコール・コンサルヴィ(Ercole Consalvi, 1757年6月8日 - 1824年1月24日)は18世紀から19世紀にかけてのカトリック教会枢機卿。教皇ピウス7世レオ12世の右腕となり外交面で成功させた。ローマ生まれ。イタリア語名はエルコレ・コンサルヴィ

1814年ウィーン会議に出席し、ローマ教皇国の存在をヨーロッパに認知させた。

外部リンク[編集]