エリシュカ・クラースノホルスカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリシュカ・クラースノホルスカー
Eliška Krásnohorská
Jan Vilímek - Eliška Krásnohorská.jpg
Jan Vilímekによるポートレイト
誕生 Alžběta Pechová
1847年11月18日
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国 プラハ
死没 1926年11月26日(満79歳没)
チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア プラハ
墓地 オルシャニ墓地
職業 作家
言語 チェコ語
国籍 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア(現・チェコの旗 チェコ
ジャンル 児童文学
翻訳
オペラ
文学評論
テンプレートを表示

エリシュカ・クラースノホルスカーチェコ語: Eliška Krásnohorská1847年11月18日 - 1926年11月26日)は、チェコスロバキア(現:チェコ)のフェミニストの女流作家。彼女は、カロリナ・スヴェトラー英語版文学フェミニズムを教わっている。彼女は、抒情詩文学評論を行った。しかし、彼女は普通は、児童文学翻訳と関連付けられる。その中には、アレクサンドル・プーシキンジョージ・ゴードン・バイロンの作品も含まれる[1]

また彼女は、チェコ国民楽派の祖、ベドジフ・スメタナオペラ、『口づけ』、『秘密』、『悪魔の壁』、『ヴィオラ』のリブレットの作者としても知られる。

作品一覧[編集]

クラースノホルスカーの像
クラースノホルスカーの墓

ジャーナル[編集]

  • Obraz novějšího básnictví českého (1877)
  • Dvě básnířky našeho lidu (1888)
  • České básnictví posledních dvou desetiletí (1895 a 1896)
  • Z nových směrů a proudů (1897)

[編集]

  • Z máje žití (1871)
  • Ze Šumavy (1873)
  • Ke slovanskému jihu (1880)
  • Vlny v proudu (1885)
  • Letorosty (1887)
  • Bajky velkých (1889) – ostrá satira
  • Na živé struně (1895)
  • Rozpomínky (1896)
  • Zvěsti a báje (1916)
  • Ozvěny doby (1922)
  • Sny po divadle (1922)

抒情詩[編集]

  • Vlaštovičky (1883)
  • Šumavský Robinson (1887)

小説[編集]

  • Svéhlavička – dívčí román
  • Célinka – dívčí román
  • Z mého mládí – paměti
  • Co přinesla léta – paměti, kromě jejích libret se pravděpodobně jedná o její nejlepší dílo

リブレット[編集]

翻訳[編集]


脚注[編集]