エリシャ・オベド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エリシャ・オベドElisha Obed、本名:エベレット・ファーグソン、1952年2月21日 - )は、バハマ出身の元プロボクサー。元WBC世界ジュニアミドル級(現スーパーウェルター級)チャンピオン。

来歴[編集]

ナッソー生まれ。1967年プロ入り。アンジェロ・ダンディの薫陶を受け、スラッガーとして売り出す。1975年11月13日ミゲル・デ・オリベイラを11回KOし、WBC世界ジュニアミドル級王座に就く。

1976年にトニー・ガードナー、シー・ロビンソンと二度の防衛を果たすが、同年6月18日、ドイツの英雄エックハルト・ダッゲに10回KOされ、打たれ脆さを露呈、王座を失った。

戦績[編集]

80勝(56KO)11敗4引分け2無効試合

関連項目[編集]