エマニュエル・リエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Emmanuel Liaisの胸像

エマニュエル・リエ(Emmanuel Liais、1826年2月15日1900年3月5日)はフランスの天文学者、植物学者である。長くブラジルで活動した。

シェルブールに造船業を営む裕福な家に生まれた。アマチュア科学者として活動し、気象研究でいくつかの論文を書いた。1854年にパリに出て、パリ天文台で働き、ユルバン・ルヴェリエの助手として、気象の広域からの情報収集のネットワークの構築のために働いた。1858年に日食観測のためにブラジルに渡り、その後長くブラジルに留まることになった。ブラジル皇帝、ペドロ2世と親しくなり、1871年からリオデジャネイロ帝立天文台の所長に任じられ、1874年から1881年の間にも所長を務めた。天文台は1827年に創立されたものではあるが、おもに軍人の教育に使われていたのを研究施設に改組した。1860年に、リエ彗星(C/1860 D1)を発見した。これはブラジルで発見された最初の彗星である。

火星の観測を行い、1865年に火星の暗い模様(アルベドの低い模様)が植生によるもので、運河ではないと推測した。皇帝の要請でブラジルの科学的探検を行った。遠隔地の植物を研究した。採集した植物のいくつかはフランスに送った。1872年に、『ブラジルの気候、地質、動物、植物』("Climats, géologie, faune et géographie botanique du Brésil" :Paris: Garnier Frères, 1872)を出版した。天文台ではマヌエル・レイス(Manoel Pereira Reis)との公開論争により、支持者を失い、1881年に退職し、シェルブールに帰郷した。

1884年と1892年からシェルブールの市長を務めた。南アメリカやアジアから珍しい植物を集め、この庭園は市に遺贈され、エマニュエル・リエ公園(Parc Emmanuel Liais)として残されている。

火星クレータにリエの名が命名されている。

著作[編集]

  • Climats, géologie, faune et géographie botanique du Brésil, Paris, Garnier Frères, 1872
  • Traité d’astronomie appliquée à la géographie et à la navigation ; suivi de, La géodésie pratique, Paris, Garnier, 1867
  • L’espace céleste et la nature tropicale. Description physique de l’univers d’après des observations personnelles faites dans les deux hémisphères, Paris, Garnier Frères, 1865
  • L’espace céleste, ou, Description de l’univers : accompagnée de récits de voyages entrepris pour en compléter l’étude, Paris, Garnier Frères, 1881
  • Théorie mathématique des oscillations du baromètre et recherche de la loi de la variation moyenne de la température avec la latitude, Paris, Bachelier, 1851
  • Hydrographie du haut San-Francisco et du Rio das Velhas : ou, Résultats au point de vue hydrographique d'un voyage effectué dans la province de Minas-Geraes, Paris, Garnier ; Rio de Janeiro, Garnier, 1865
  • Recherches sur la température de l’espace planétaire, Cherbourg, Lecauf, 1853
  • L’histoire de la découverte de la planète Neptune, Leipzig, G. Fock, 1892
  • De l’emploi des observations arimutales pour la détermination des ascensions droites et des déclinaisons des étoiles, Cherbourg, Bedelfontaine, 1858
  • Influence de la mer sur les climats, ou, résultats des observations météorologiques faites à Cherbourg en 1848, 1849, 1850, 1851, Paris, Mallet-Bachelier ; Cherbourg : Bedelfontaine et Syffert, 1860
  • De l'emploi de l'air chauffé comme force motrice, Paris, [s.n.], 1854

外部リンク[編集]