エフ・アンスティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハリー・ファーニスによるトーマス・アンスティの風刺画

エフ・アンステイ(F. Anstey, 1856年8月8日 - 1934年3月10日)は、本名、Thomas Anstey Guthrie。ビクトリア時代イギリスの作家。とくに風刺雑誌『パンチ』で活躍した。

略歴[編集]

1856年ロンドンケンジントンで生まれた。父親は音楽家。私立校のキングス・カレッジ・スクールとケンブリッジ大学のトリニティ・ホール校で学び、1880年に法曹界に入った。1882年に発表した小説『あべこべ(Vice Versa)』が話題になり、『パンチ』の常連執筆者となった。ユーモア小説家として人気を集め、多くの作品を残した。77歳でロンドンで死去。

『あべこべ』は、ひょんなことから父親と息子の中身が入れ替わってしまう奇想天外な滑稽小説で、日本でも少年向けの読み物として掲載された。黒岩涙香の小説『おやおや親』は同作を下敷きにして書かれたものである。

海外では、作品のいくつかが何度も映像化されている。アンスティの作品は、ヒントにした映画やテレビ作品は数知れず、原作としてクレジットロールに表示されないこともあるくらい海外では普遍的な作品が多い。

外部リンク[編集]