エドワード・ジョンストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エドワード・ジョンストン(Edward Johnston, 1872年2月11日 - 1944年11月26日)はイギリス工芸家タイポグラファー書体デザイナー)、カリグラファーウィリアム・リチャード・レザビー(William Richard Lethaby)らとイギリスにおけるアーツ・アンド・クラフツ運動を推進した。

1899年から中央美術工芸学校(Central School of Arts and Crafs)で文字彩飾クラス(Illuminating Class)を担当、教え子にエリック・ギル(Eric Gill)、グレイリー・ヒューイット(Graily Hewitt)、ノエル・ルーク(Noel Rooke)、ハロルド・カーウェン(Harold Curwen)らがいた。

1916年にはロンドン地下鉄のためのサンセリフ書体ジョンストン・サンズ(Johnston Sans)をデザインした。小文字の「i(アイ)」や「j(ジェイ)」のドットが菱形で、「l(エル)」にはカギ状のシッポがついているなど、特徴的なサンセリフ書体である。

また、ジョンストンは1919年にロンドン地下鉄のロゴタイプであるブルズアイ(bullseye)もデザインしている。円形マーク(roundel)に駅名などのラベルを交差させたもので、今もロンドンの至るところで目にすることができる。

なお、現在ロンドン地下鉄およびバスで使われている書体ニュー・ジョンストン(New Johnston)は、1979年から80年代にかけて、バンクス・アンド・マイルズ社に加わっていた日本人デザイナー河野英一がジョンストン・サンズを元にリデザインしたものである。


参考文献[編集]

  • Johnston, Edward: Writing and Illuminating, and Lettering, 1906
  • Howes, Justin: Johnston’s Underground Type, Capital Transport Publishing, 2000, ISBN 1-85414-231-3 (日本語版ISBN 978-4-904596-01-2

外部リンク[編集]