エトムント・ヴァイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エトムント・ヴァイスEdmund Weiß1837年8月26日1917年6月21日)はオーストリア天文学者

経歴[編集]

現在のチェコボヘミア地方のイェセニーク(Jeseník)に生まれた。1869年にウィーン大学の教授となり、1878年ウィーン天文台の所長となった。オーストリア経度局(österreichischen Gradmessungskommission)の所長も務めた。

1859年から1909年の間、天文雑誌『アストロノミシェ・ナハリヒテン』(Astronomische Nachrichten)に彗星観測記録など多くの論文を発表した。ビエラ彗星アンドロメダ座流星群など、彗星の軌道と流星群の軌道の一致することを発見した。1892年にドイツ語の星図『Atlas der Sternwelt』を出版した。

余談[編集]

月のクレーターヴァイス Weiss)に命名されている。