エティエンヌ・ルイ・マリュス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エティエンヌ=ルイ・マリュスの肖像

エティエンヌ=ルイ・マリュスEtienne-Louis Malus1775年7月23日 - 1812年2月24日)はフランスの軍人、技術者、物理学者数学者である。反射光の偏光についてのマリュスの法則を発見した。

マリュスはパリに生まれ、長じてナポレオンエジプト遠征に加わった。1810年にフランス科学アカデミーのメンバーになった。

彼の数学的業績は光、幾何光学に関するもので、クリスティアーン・ホイヘンスの光の理論を証明する実験を行った。光の偏光に関する発見は1809年に発表され、結晶中の複屈折に関する理論を1810年に発表した。

マリュスの業績でもっとも知られた マリュスの法則は入射光の前におかれた偏光板による光の強度を与えるもので、

I = I0 cos2 θ

ここで θは入射光に対する偏光板の角度である。