エス・テー・デュポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ST Dupont.jpg

エス・テー・デュポンS.T. Dupont)はフランスの高級万年筆ライター宝飾品メーカー。特にライターが有名。デュポンを冠するが、アメリカの大手化学メーカー、デュポン社との関連性はない。

歴史[編集]

1872年、シモン・ティソ・デュポンによって設立。シモンは職人を雇い、高級皮革製品の工房を構え、高級官僚向けに、イニシャルを刻印した折りたたみ式の札入れや「モロッコ革」のアタッシュケースなどを主に製作していた。ほどなく、ルーブル百貨店の正式納入メーカーとなった。

20世紀初め、シモンの息子、アンドレ・デュポンルシアン・デュポンの兄弟は、1点物の旅行用を製造。豪華でオリジナリティにあふれた鞄は世界中の上流階級に支持された。

1935年頃から、現在でも有名な金属部分に純正漆を施した製品を販売し始める。

第二次世界大戦の開戦により、旅行用鞄の注文を受けられなくなったため、1941年、アンドレ・デュポンは最初のポケット・オイル・ライターを発明した。1952年に炎を調節できるガス・ライターを発表し特許を取得した。何よりも特徴的なのが独特の「キーン」という開閉音である。

1973年、高級万年筆を発表した。

主な製品[編集]

Fountain pen S.T.Dupont.jpg

注:香水、眼鏡は日本国内のデュポン直営店での販売は無い。パイプは1970年代の極僅かな時期の生産で、現在では撤退している。

外部リンク[編集]