エキソサイトーシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エキソサイトーシスとエンドサイトーシスの模式図
エキソサイトーシスの概要

エキソサイトーシスExocytosis; 開口分泌) とは細胞外への分泌形態の一つ。細胞内で合成された物質(蛋白質など)は分泌顆粒内に貯留され、開口分泌によって分泌される。

その機構は以下の通り。

分泌顆粒は細胞内線維群の働きによって細胞質内を移動し、細胞膜へと接近する。そして分泌顆粒膜外層が細胞膜内層と、分泌顆粒膜内層が細胞膜外層と融合する。これにより分泌顆粒内腔が細胞外界と連絡し、顆粒内容物は細胞外へと遊出する。細胞膜と融合した顆粒膜は、そのまま新たな細胞膜となるか、細胞内へ再び戻る。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • FM1-43 - 脳科学辞典 エキソサイトーシスの放出を可視化する色素であるFM1-43についての解説。