エウダミダス3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エウダミダス3世古希: Εὐδαμίδας: Eudamidas III、在位:紀元前241年-紀元前228年)はエウリュポン朝のスパルタ王である。

エウダミダス3世は先王アギス4世の子であり、その後を継いで王位に就いた。王位に登った時彼はまだ少年であったが、後に監督官と共犯でクレオメネス3世により毒殺された[1]。王位は叔父のアルキダモス5世が継いだ。

[編集]

  1. ^ パウサニアス, III. 9. 1

参考文献[編集]


先代:
アギス4世
スパルタ王(エウリュポン朝)
紀元前241年-紀元前228年
次代:
アルキダモス5世