ウバーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウバーレの例(ドイツのフンテン湖英語版

ウバーレ(uvala)は多数の小さな互いに独立したドリーネが1つの陥没穴として結合したカルスト地形日本語では連合擂鉢穴とも称する[1]

この地形は小さなドリーネが結合して生じるため、しばしば不規則な形をとり、陥没穴は浅くなる。規模の大きなウバーレは面積平方キロメートルに達し、深さは約200メートルまでになる[2]

脚注[編集]

  1. ^ 国土地理院"地質を反映した地形"(2013年6月26日閲覧。)
  2. ^ Easterbrook, D. (1993). Surface processes and landforms. (2nd ed.). Upper Saddle River, NJ: Prentice-Hall.