ウツ (聖書)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
古代エドム王国はウツと同一視される事がある。そのおおよその領域

ウツヘブライ語: עוּץ‎ 、古代ギリシア語: Αὐσῖτις英語: Land of Uz)は、旧約聖書に登場する地名。

ヨブの郷里(ヨブ記1:1)。ウツは元々アラム人の部族に与えられた名前である(創世記10:23、22:20、21)。『哀歌』では、エドム人がウツの地に住んでいると記されている(哀歌4:21)。『エレミヤ書』でもウツの地について述べられており、ペリシテ、エドム、モアブアンモンなどと共に挙げられている(エレミヤ書25:20、21)。また、ウツの地はシェバ人やカルデア人から攻撃を受けやすかった(ヨブ記1:15、17)。

関連項目[編集]