ウグル・イルディリム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウグル・イルディリム Football pictogram.svg
名前
カタカナ ウグル・イルディリム
ラテン文字 Ugur YILDIRIM
トルコ語表記 Uğur Yıldırım
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
トルコの旗 トルコ
生年月日 1982年5月8日(32歳)
出身地 オランダの旗 オランダアペルドールン
身長 178cm
体重 74kg
選手情報
在籍チーム カスムパシャSK
ポジション FWMF
利き足 右足
代表歴
2005 オランダの旗 オランダ 1(0)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ウグル・イルディリム(ウール・ユルドゥルム、Uğur Yıldırım, 1982年5月8日 - )は、オランダ出身のサッカー選手

来歴[編集]

トルコ人の両親の間に生まれ、オランダで育つ。トルコとオランダの二重国籍を有するため、2005年にトルコから代表のオファーを受けた。トルコ側の監督は彼にレギュラーの座を約束する旨を伝えていたが、オランダ代表となることを選択、同年2月9日の国際親善試合イングランド戦にて初招集、初キャップを飾る。

ちなみに幼い頃からトルコの名門クラブであるガラタサライのファンであったことを公言している。

2007-2008シーズンからは、自身の子どもの養育環境を考えトルコに渡り、ガジアンテプスポルシヴァススポルを経て、カスムパシャSKでプレーしている。

アラカルト/エピソード[編集]

2005年、欧州のフリーキックコンテストにて、無名ながら優勝を飾り、一躍注目を集める。ちなみに同大会にはフランスジネディーヌ・ジダンらスタープレーヤーも多く参加しており、ジダンは2位に終わっている。[1]

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Bouwes, Ernst (2005年1月4日). “A tale of two coaches”. ESPN. 2007年8月11日閲覧。

この項目は、ウィキプロジェクト サッカー選手の「テンプレート」を使用しています。