ウェスタンステイツ・エンデュランスラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウェスタンステイツ・エンデュランスラン
開催時期 6月
開催地 カリフォルニア州アメリカ合衆国
コース トレイルランニング
距離 168km
創立 1977年
公式サイト www.ws100.com/home.html


ウェスタンステイツ・エンデュランスラン(英、The Western States Endurance Run)は、アメリカカリフォルニア州の山岳地帯の100マイル(161km)を走るトレイルレースのウルトラマラソン。一般にはウェスタンステイツ100として知られる。2014年よりウルトラトレイル・ワールドツアーに含まれている。

1977年より開催され、世界で最も古く最も権威のある100マイルトレイルレースといわれる[1]。Vermont 100 Mile Endurance Run、the Wasatch Front 100 Mile Endurance Run、the Leadville Trail 100と並び、米国ウルトラマラソン4大大会(グランドスラム)に数えられ、米国では最もよく知られたウルトラマラソン・トレイルレースである[2]

上りで5500メートル、下りで7000メートルの標高差を制限時間30時間以内で走る。毎年平均300人から400人ほどがスタートするが、24時間以内で完走するのは15から30%ほどの参加者だけである。


歴史[編集]

もともとはTevis Cupという馬で走る100マイルレースであったが、1974年に Gordy Ainsleighがレースを走ろうとしない馬を降りて自らの足で走って24時間以内で完走したことが、レースの起源となっている[3]

記録[編集]

2012年にTimothy Olsonが初めて15時間以内で走り、このときのタイムが (14:46:44)、コース記録となっている。

メディアへの登場[編集]

米国では最もよく知られた過酷なトレイルレースであり、ベストセラー「ウルトラマラソンマン 46時間ノンストップで320kmを走り抜いた男の記録」 ディーン・カーナゼス (著)にも著者が最初に挑戦したレースとしてでてくる。[4]

また2012年にはJB Benna監督により「Unbreakable: The Western States 100」としてドキュメンタリー映画が公開された。[5]

その他[編集]

日本からの参加者としては鏑木毅選手が2009年に二位に入っている。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ http://www.wser.org/
  2. ^ 「Unbreakable: The Western States 100」 Geoff Roes (Actor), Hal Koerner (Actor), JB Benna (Director) ドキュメンタリー映画
  3. ^ http://www.wser.org/how-it-all-began/
  4. ^ 「ウルトラマラソンマン 46時間ノンストップで320kmを走り抜いた男の記録」 ディーン・カーナゼス (著)
  5. ^ 「Unbreakable: The Western States 100」 Geoff Roes (Actor), Hal Koerner (Actor), JB Benna (Director)