ウイリアム・ジスマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウイリアム・ジスマン(William Albert Zisman, 1905年 - 1986年)は、アメリカ合衆国物理学者である。表面科学の分野で貢献した。

ニューヨーク州オールバニに生まれた。マサチューセッツ工科大学で学んだ後、ハーヴァード大学で博士号を得た。カーネギー地球科学研究所で水面での油の拡散の研究を行った。1939年からアメリカ海軍研究所(United States Naval Research Laboratory)に加わり、1975年まで働いた。海軍研究所では潤滑油の研究を行い、合成潤滑油や添加剤の開発に寄与した。

固体の表面張力を接触角の測定から求めるZisman's Plot methodや、固体の表面エネルギーと接触角の関係を示すジスマンの法則で知られる。

1963年にアメリカ化学会からケンドール・メダル、1969年にアメリカ機械工学会(ASME)からMayo D. Hersey賞を受賞した。

外部リンク[編集]

  • Shafrin, E. G. "Obituary: William Albert Zisman, 1905-1986" Langmuir 1987, 3, 5A–6A. DOI: 10.1021/la00075a001