ウィリアム・フロイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・フロイド
ウィリアム・フロイド
生誕 1734年12月17日
ニューヨークロングアイランドのブルックヘイブン
死没 1821年8月4日
ニューヨーク州オナイダ郡ウエスターンビル
職業 軍人、政治家

ウィリアム・フロイド(英:William Floyd、1734年12月17日-1821年8月4日)は、アメリカ合衆国ニューヨークの代表として、アメリカ独立宣言に署名した者の一人である。

フロイドはニューヨークロングアイランドのブルックヘイブンで生まれ、父が死んだ時に家族の農園を継いだ。アメリカ独立戦争の初期にサフォーク郡民兵隊の一員となり、少将となった。1774年から1776年にニューヨークの代表として大陸会議に出席した。1789年、新憲法の下の最初の選挙で、反連邦党公認でアメリカ合衆国下院議員に選出され、1789年3月4日から1791年3月3日まで務めた。1808年にはニューヨーク州上院議員に戻った。

栄誉[編集]

ウィリアム・フロイドに因む幾つかの場所や施設がある。

  • 現在のブルックヘイブン町のウィリアム・フロイド教育学区、ウィリアム・フロイド小学校、ウィリアム・フロイド中学校および、ウィリアム・フロイド高校がある。
  • ブルックヘイブン町の郡道ウィリアム・フロイド・パークウェイ
  • オナイダ郡フロイド町。フロイド将軍はその死の前に現在のオナイダ郡ウエスターンビルに転居した。ウエスターンビル墓地にある墓所は簡素な石の銘盤で示されている。
  • オナイダ郡ホランド・パテント教育学区にあるウィリアム・フロイド将軍小学校[1]

フロイドの子孫には撮影監督のフロイド・クロスビーおよびロックシンガーのデビッド・クロスビーがいる。2代離れたふた従兄弟にはエイブラハム・リンカーンがいた。

外部リンク[編集]

先代:
新設
ニューヨーク州選出のアメリカ合衆国下院議員
1789年 – 1791年
次代:
トマス・トレッドウェル