ウィリアム・トーブマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウィリアム・トーブマン(William Chase Taubman、1940年-)は、アメリカ合衆国の政治学者・歴史学者。専門は、ロシア(ソ連)政治外交史。

ハーバード大学卒業後、コロンビア大学で修士号および博士号取得。現在、アマースト大学教授。

評伝 Khrushchev: the Man and his Era で、2003年全米批評家協会賞、2004年ピューリッツァー賞を受賞。

著書[編集]

単著[編集]

  • The View from Lenin Hills: Soviet Youth in Ferment, (Coward-McCann, 1967).
  • Stalin's American Policy: From Entente to Detente to Cold War, (W. W. Norton, 1982).
  • Khrushchev: the Man and his Era, (W. W. Norton, 2003).

共著[編集]

  • Moscow Spring, with Jane Taubman, (Summit Books, 1989).

編著[編集]

  • Khrushchev on Khrushchev: An Inside Account of the Man and his Era, (Little, Brown, 1990).
福島正光訳『父フルシチョフ――解任と死(上・下)』(草思社, 1991年)

共編著[編集]

  • Nikita Khrushchev, co-edited with Sergei Khrushchev and Abbot Gleason, (Yale University Press, 2000).