ウィカムのウィリアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィカムのウィリアム

ウィカムのウィリアム(William of Wykeham、1324年 - 1404年8月16日)は、中世イングランド神学者・政治家・教育家。「ウィカム」は出身地の地名であって姓ではない。また、日本語表記にはウィッカムワイカムなどとする例もある。

イングランドのウィカムの貧しい家庭に育つ。ウィンチェスター大聖堂で学んだ後に、1343年侍従武官としてエドワード3世に仕える。以後、王の側近として1356年に王室付司祭、1364年王璽尚書1367年にはウィンチェスター司教大法官を兼ねて事実上の宰相を務めた。この間に教区修道院制度の改革などに努めた。

ところが、「反教権主義」論の高まりや政敵の中傷によって1371年1376年に2度にわたって失脚した。その後、リチャード2世が潔白であると結論づけたが、1389年に大法官に再任されるまで公職には就かなかった。ジョン・ウィクリフトマス・アランデルの考え方にはともに同調せず、ロラード運動に対しては批判的であったが穏健に対応した。

また、晩年は教育にも力を注ぎ、1379年にはオックスフォード大学ニュー・カレッジを開設し、1394年には史上初のパブリック・スクールであるウィンチェスター・カレッジを開校して貴族以外の子弟にも門戸を開いた。

引用[編集]

ウィリアムの名言のひとつに "Manners maketh man." (礼節が人を作る)がある。彼が創設したオックスフォード大学のニュー・カレッジや、ウィンチェスター・カレッジのモットーでもある。

参考文献[編集]

  • 『キリスト教人名辞典』(日本基督教団出版局、1986年)