イワン・イリイチェフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イワン・イリイチェフ

イワン・イワノヴィチ・イリイチェフИван Иванович Ильичев, 1905年8月14日 - 1983年9月2日)は、ソ連の外交官、軍人。政治将校で、第二次世界大戦中は国防人民委員部情報総局(後のGRU)を率いた。中将。

経歴[編集]

カルーガ郡ナヴォロキ村出身。1924年~1929年、カルーガとスモレンスク州コムソモールの仕事。1925年、全連邦共産党(ボリシェヴィキ党)入党。

1929年から政治職員として赤軍に入る。1938年、軍事政治アカデミー卒業。1938年5月から労農赤軍情報局政治課長。1942年8月~1945年7月、国防人民委員部情報総局長。

1948年、外務省の仕事に移る。1949年~1952年、駐独ソビエト監督委員会副政治顧問。1952年~1953年、ドイツ民主共和国駐在。1953年、最高委員、1956年から駐大使。1956年、外務省スカンジナビア諸国課主任、1956年~1966年、第3欧州課主任。1966年~1968年、駐デンマーク大使。1968年、外務省に戻り、1975年に引退。