イワミツバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イワミツバ
Illustration Aegopodium podagraria0.jpg
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : キキョウ類 campanulids
: セリ目 Apiales
: セリ科 Apiaceae
: エゾボウフウ属 Aegopodium
: イワミツバ A. podagraria [1]
学名
Aegopodium podagraria
L. (1753) [1][2]
英名
bishop's gout-weed,[2]

goutweed,[2][3]
gout-weed[2]

イワミツバ (Aegopodium podagraria) は日陰に生えるセリ科草本の一つ。

春の柔かい葉はホウレンソウに似ていて、食用にされる。また痛風関節リウマチの治療用にも用いられる。古代ローマによってイングランドに、修道士によって北ヨーロッパに伝えられたと言われている。

地下の根で急速に地上の広い範囲に広がるため、いくつかの地域ではこの植物では最悪の雑草と見なされている。変種は観葉植物として育てられる。またチョウ目の昆虫の幼虫の餌となっている。


ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Aegopodium podagraria L.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2012年8月12日閲覧。
  2. ^ a b c d Missouri Botanical Garden. “Aegopodium podagraria L.”. Tropicos. 2012年8月12日閲覧。
  3. ^ Goutweed (Aegopodium podagraria) in the Encyclopedia of Life

関連項目[編集]

外部リンク[編集]