イリジウム33

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イリジウム33
A mockup of an Iridium satellite
イリジウム衛星のモックアップ
所属 Iridium Communications Inc.
衛星バス LM-700A
任務 通信衛星
打上げ日時 1997年9月14日
輸送ロケット Proton-K/DM-2
打上げ場所 バイコヌール Site 81/23
運用停止 2009年2月10日
COSPAR ID 1997-051C

イリジウム33Iridium 33)はイリジウム社(en)の通信衛星。1997年9月14日1時36分(GMT)にバイコヌール宇宙基地Site 81/23からBlock DM2を上段につけたプロトン Kロケットによって低軌道に投入された[1][2]

交点は230.9度で、イリジウム衛星コンステレーション英語版のプレーン3で運用された[1]

衝突[編集]

2009年2月10日16時56分(GMT)、コスモス2251号(運用終了したストレラ衛星)とイリジウム33が衝突し、両衛星とも破壊された[3]。この衝突によって大量のスペースデブリが発生したとNASAは報告した[4][5]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Wade, Mark. “Iridium”. Encyclopedia Astronautica. 2009年2月12日閲覧。
  2. ^ Wade, Mark. “Proton”. Encyclopedia Astronautica. 2009年2月12日閲覧。
  3. ^ Iannotta, Becky (2009年2月11日). “U.S. Satellite Destroyed in Space Collision”. Space.com. 2009年2月11日閲覧。
  4. ^ 2 orbiting satellites collide 500 miles up”. Associated Press (2009年2月11日). 2009年2月11日閲覧。
  5. ^ Google Earth KMZ file of the debris”. John Burns (2009年3月5日). 2010年11月25日閲覧。