イヌザメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イヌザメ
イヌザメ.JPG
イヌザメ
Chiloscyllium punctatum
保全状況評価
NEAR THREATENED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 NT.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 軟骨魚綱 Chondrichthyes
亜綱 : 板鰓亜綱 Elasmobranchii
: テンジクザメ目 Orectolobiformes
: テンジクザメ科 Hemiscylliidae
: テンジクザメ属 Chiloscyllium
: イヌザメ C. punctatum
学名
Chiloscyllium punctatum
Müller & Henle, 1838
英名
Brownbanded bamboo shark
Chiloscyllium punctatum distmap.png
イヌザメの生息域

イヌザメ(犬鮫) Chiloscyllium punctatum (英: Brownbanded bamboo shark; Grey carpetshark)は、テンジクザメ目テンジクザメ科に属するサメ

分布[編集]

インド洋および太平洋西部の熱帯から温帯海域に分布する。潮間帯やタイドプール、サンゴ礁などでよく見られる。

形態・生態[編集]

イヌザメの幼魚

最大で全長144cm[1]に達する。幼魚には10本前後の黒色の横縞があるが、成長するにつれて退色し、成魚では灰褐色になる。

夜行性であり、底生性の甲殻類硬骨魚類を捕食する。

卵生。雄が雌の胸鰭に嚙みついて交尾を行う。雌は1度に2個のを産むが、繁殖シーズンの間は何度も続けて産卵を行うので、年間の産卵数は数十になる。卵には粘着性の糸が生えており、潮に流されないよう海藻などに絡みついて卵を固定する役割がある。孵化した幼魚は13-18 cm。

人との関わり[編集]

人には危害を加えない。きわめて穏和な性格であり、丈夫であることから水族館などでの展示に適している。東南アジアインドなど地域によっては食用とする。

参考文献[編集]

  1. ^ Peter R. Last and John D. Stevens (2009) Sharks and Rays of Australia (Second Edition), p.147, Harvard University Press, ISBN 978-0-674-03411-2

関連項目[編集]