イソキサチオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イソキサチオン
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 18854-01-8
PubChem 29307
特性
化学式 C13H16NO4PS
モル質量 313.31 g/mol
外観 黄色みを帯びた液体
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

イソキサチオン(Isoxathion)は、化学式C13H16NO4PSの有機リン殺虫剤である。IUPAC名は、ホスホロチオ酸 O,O-ジエチル O-5-フェニル-1,2-オキサゾール-3-イル 、CAS名はホスホロチオ酸 O,O-ジメチル O-(5-フェニル-3-イソオキサゾリル)。

性質[編集]

黄色がかった液体であり、分子量は313.3。 アルカリ性下では不安定であり、3 - ヒドロキシ-5 - フェニルイソキサゾールに分解される。

使用[編集]

イソキサチオンは、殺虫剤として使用されており、リン酸エステルの群に属する。 日本で1972年に導入され、柑橘類に主に使用された。これは、アセチルコリンエステラーゼを阻害する作用がある。


外部リンク[編集]