イエロー・ブック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビアズリーによるイエロー・ブック第2号(1894年7月)の表紙

イエロー・ブックThe Yellow Book)とは、19世紀イギリスの挿絵入り季刊文芸誌。発行人はジョン・レインエルキン・マシューズ、発行元はボドリー・ヘッド書店。19世紀末のデカダンスを象徴する雑誌として称揚され、また非難を浴びた。

1894年4月創刊。文芸部主任はアメリカ作家ヘンリー・ハーランド、絵画部主任はオーブリー・ビアズリー。第2号は1894年7月、第3号は1894年10月、第4号は1895年1月に刊行された。寄稿者にはマックス・ビアボームアーノルド・ベネットフレデリック・ロルフH・G・ウェルズエドマンド・ゴスヘンリー・ジェイムズジョージ・ギッシングW・B・イェイツアーネスト・ダウソンアーサー・シモンズアナトール・フランスウォルター・シッカートなどがいた。

1895年4月、ビアズリーがオスカー・ワイルド男色スキャンダルの巻き添えを受けて追放されてからは著しく芸術的精彩を欠くようになったが、売上部数の低下に悩みつつも、1897年4月まで全13冊が刊行された。