アーサー・エイキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーサー・エイキン
人物情報
生誕 1773年5月19日
イギリスの旗 イギリスランカシャー(現チェシャー)、ウォリントン
死没 1854年4月15日(満80歳没)
イギリスの旗 イギリスロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス
出身校 Warrington Academy
学問
研究分野 化学鉱物学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

アーサー・エイキン1773年5月19日 - 1854年4月15日)は、イギリス化学者鉱物学者科学記者

ランカシャー(現チェシャー)のウォリントン出身。John Aikinの息子。

ウォリントン・アカデミーWarrington Academy)でジョゼフ・プリーストリーのもと化学を学び、科学の実際的な応用に専念する。1803年から1808年まで、Annual Reviewsに編集者として務めた。

ロンドン地質学会の創設者13人のうちの1人であり、1812年-1817年には名誉幹事であった。Wrekinシュロップシャー炭田に関する論文(共著)をロンドン地質学会の会報に寄稿した。後に、Royal Society of Arts書記役 (secretary) となり、1841年Chemical Society会計役 (treasurer) になった。

若いころ、一時期ユニテリアン主義者であった。

著作物[編集]

  • Journal of a Tour through North Wales and Part of Shropshire with Observations in Mineralogy and Other Branches of Natural History (London, 1797)
  • A Manual of Mineralogy (1814; ed. 2, 1815)
  • A Dictionary of Chemistry and Mineralogy (with his brother C. R. Aikin), 2 vols. (London, 1807, 1814).