アンドロメダ座VIII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドロメダ座VIII
星座 アンドロメダ座
視等級 (V) 9.1
視直径 45x10′
分類 dSph
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 00h 42m 06.0s
赤緯 (Dec, δ) +40° 37′ 00″
距離 270万光年
物理的性質
半径 1700光年
■Project ■Template

アンドロメダ座VIII(Andromeda VIII)は、2003年8月に発見された銀河である。アンドロメダ銀河伴銀河であり、希薄なためこれまで発見を免れてきた。この銀河は、アンドロメダ銀河の前面の恒星の赤方偏移を測定することにより、アンドロメダ銀河と異なる速度を持つことを確認し、別の銀河の一部であるとして最終的に発見された。

2006年末時点で、実際にアンドロメダ座VIIIが銀河であるかどうかは確定していない[1]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Merrett, et al, H. R.; Merrifield, M. R.; Douglas, N. G.; Kuijken, K.; Romanowsky, A. J.; Napolitano, N. R.; Arnaboldi, M.; Capaccioli, M. et al. (June 2006), “A deep kinematic survey of planetary nebulae in the Andromeda galaxy using the Planetary Nebula Spectrograph”, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 369 (1): 120–142, arXiv:astro-ph/0603125, Bibcode 2006MNRAS.369..120M, doi:10.1111/j.1365-2966.2006.10268.x 

外部リンク[編集]