アンドレア・コンタリーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンドレア・コンタリーニAndrea Contarini、1300年/1302年? - 1382年)は、ヴェネツィア共和国の第60代元首。(在任:1368年 - 1382年)

1370年、息子のアンドロニコス4世と対立して東ローマ帝国の皇位を追われていたヨハネス5世パレオロゴスを拘束し、1371年冬、彼の次男であるマヌエル2世パレオロゴスから多額の身代金を受け取ることで、ヨハネス5世を釈放した。

第4次ジェノヴァ戦争が始まると、自らの財産を軍資金として供出している。そして、60歳を越える高齢であるにもかかわらず、ヴェネツィア海軍総司令官として陣頭指揮を執った。このため、ヴェネツィア軍は第4次ジェノヴァ戦争に大勝利した。

1382年、死去した。


先代:
マルコ・コルネール
ヴェネツィア総督
1368-1382
次代:
ミケーレ・モロジーニ