アンティオコス13世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンティオコス13世アジアティコスΑντίοχος ΙΓ' Ασιατικός、? - 紀元前64年)は、セレウコス朝シリアの王(在位:紀元前69年 - 紀元前64年)。アンティオコス10世エウセベスクレオパトラ・セレネ1世の子。セレウコス朝最後の王。

生涯[編集]

紀元前92年から紀元前83年頃に父エウセベスがパルティアとの戦いで死亡すると、母セレネは息子アジアティコスを王位に据えようとしたが、弱体化したシリアはアルメニア王ティグラネス2世(シリア王としては同1世)に紀元前83年から紀元前69年まで征服され、支配権を確立できないままであった。

紀元前69年に母がティグラネスに捕えられて殺害された後、ローマグナエウス・ポンペイウスがティグラネスを撃破し、シリア王としてアジアティコスを据えた。アジアティコスはフィリッポス2世フィロロマエオスとの支配権争いが続き、弱体な政権に過ぎなかった。

ほどなくして紀元前64年、アジアティコスはポンペイウスにより廃位、殺害され、セレウコス朝シリアは滅亡する事になった。競争者であったフィリッポス2世も間もなく廃位された。以降、シリアはローマのシリア属州となり、総督が派遣されるようになる。

先代:
ティグラネス1世(アルメニア王)
セレウコス朝君主
紀元前69年 - 紀元前64年
次代:
フィリッポス2世フィロロマエオス