アロイス・フォン・ハラハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アロイス・フォン・ハラハ伯爵、フランチェスコ・ソリメーナ

アロイス・トマス・ライムント・フォン・ハラハAloys Thomas Raimund Graf von Harrach, 1669年3月7日 ウィーン - 1742年11月7日 ウィーン)は、オーストリアの貴族、廷臣、外交官。伯爵。オーストリア領ナポリ副王およびシチリア副王(1728年 - 1733年)。

フランツ・ボナフェントゥラ・フォン・ハラハ伯爵(Ferdinand Bonaventura Graf von Harrach, 1636年 - 1706年)の四男として生まれた。カール・フォン・ハラハの曾孫で、ザルツブルク大司教フランツ・アントン・フォン・ハラハの弟にあたる。1694年に神聖ローマ皇帝のドレスデン駐在公使となり、1697年から1700年にかけてマドリード駐在公使を務めた。1711年にドレスデン駐在公使に復帰し、その後もベルリンハノーファーの選帝侯宮廷に皇帝使節として派遣された。1715年から1742年にかけ、ニーダーエスターライヒ州議会の議長の座にあった。1728年にナポリ副王およびシチリア副王に任命されて南イタリアに赴任し、1733年に退くまで任地で多くの美術品を収集した。1734年以降、亡くなるまでウィーンの国務会議の議員に名を連ねた。

建築家のヨハン・ルーカス・フォン・ヒルデブラントの注文主としても知られ、ブルック・アン・デア・ライタBruck an der Leitha)のプルッグ城(Schloss Prugg)やウィーン・ウンガルガッセ通りのハラハ宮殿(Palais Harrach in der Ungargasse)をヒルデブラントの設計により建設させた。生涯に3度結婚し、最初の妻との間に5人の、2番目の妻との間に10人の子女をもうけた。3番目の妻はヨハン・ヴェンツェル・フォン・ガラス伯爵の未亡人だった。五男のフリードリヒ・アウグスト・フォン・ハラハはネーデルラント総督を、九男のヨハン・エルンスト・フォン・ハラハJohann Ernst von Harrach)はノイトラ司教を務めた。

参考文献[編集]

  • Gräfl. Harrachsches Familienarchiv (im Österr. Staatsarchiv)
  • Georg Heilingsetzer, Die Harrach. Ihre Stellung in Politik, Wirtschaft und Kultur des alten Österreich, enthalten in Palais Harrach, Wien 1995.
  • Bruno Grimschitz, Johann Lucas von Hildebrandt, Wien 1959.
  • Felix Czeike, Historisches Lexikon Wien, Band 3, Wien 1994.
  • Helmuth Furch, Das Gräflich Harrachsche Familienarchiv, Die Bauten der Grafen Harrach und der Kaisersteinbruch am Leithaberg. In Mitteilungen des Museums- und Kulturvereines Kaisersteinbruch, Nr. 37, S 7-39, Juni 1995.
  • Hermann Kellenbenz: Harrach, Aloys Graf von. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 7, Duncker & Humblot, Berlin 1966, S. 697 f. (Onlinefassung).
  • Anton Victor Felgel: Harrach. In: Allgemeine Deutsche Biographie (ADB). Band 10, Duncker & Humblot, Leipzig 1879, S. 627–629.

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、アロイス・フォン・ハラハに関するメディアがあります。

先代:
ポルトカレッロ枢機卿
ナポリ副王
シチリア副王
1728年 - 1733年
神聖ローマ皇帝カール6世の統治下
次代:
ブレッヴィア伯爵