アレクサンドル・ヨアン・クザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アレクサンドル・ヨアン・クザAlexandru Ioan Cuza1820年3月20日 - 1873年5月15日)は、ワラキア公兼モルダヴィア公(在位:1859年 - 1862年)、後にルーマニア公(在位:1862年 - 1866年)。

モルダヴィアの地方貴族に生まれ、1859年にワラキア公国とモルダヴィア公国の公位に就いた。1862年に両公国を統一、ルーマニア公国の成立を実現させたが、1866年に保守派貴族の反乱により退位[1]。代わりにホーエンツォレルン=ジグマリンゲン家からカロル1世が迎えられた。亡命先のハイデルベルクで死去。

1966年に発行された50レイ紙幣に肖像が使用されていた。

脚注[編集]

  1. ^ Stoica, Vasile (1919). The Roumanian Question: The Roumanians and their Lands. Pittsburgh: Pittsburgh Printing Company. pp. 69-70. http://www.wdl.org/en/item/7314/view/1/69/. 
先代:
ワラキア公
1859 - 1862
次代:
先代:
モルダヴィア公
1859 - 1862
次代:
先代:
ルーマニア公
1862 - 1866
次代:
カロル1世