アレクサンドル・フィリペンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2001年のフィリペンコ

アレクサンドル・ヴァシリエヴィチ・フィリペンコロシア語: Александр Васильевич ФилипенкоAleksandr Vasilievich Filipenko1950年5月30日 - )は、ロシア政治家ハンティ・マンシ自治管区知事ソビエト連邦カザフ共和国(現在のカザフスタン)のカラガンダ出身。

1967年高校を金メダル授与の優秀な成績で卒業し、工場労働者を経て大学で学んだ後、技師となる。1977年ハンティ・マンシ自治管区党専従となり、建設部長を経て、1982年から1988年同自治管区党委第一副議長、ハンティ・マンシ自治管区党第二書記などを歴任する。1989年ハンティ・マンシ議長。1990年チュメニ州人民代議員に選出される。 1991年ハンティ・マンシ自治管区行政長官に任命される。1993年ロシア連邦議会上院連邦会議議員に選出される。 1995年ハンティ・マンシ自治管区知事に就任する。2000年3月26日再選。私生活では二人の子、五人の孫がいる。