アレクサンドル・ニコラエヴィチ・ミハイロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロシアの旗 ロシアの政治家
アレクサンドル・ニコラエヴィチ・ミハイロフ
Александр Николаевич Михайлов
Alexander Mikhailov, November 2010.jpeg
アレクサンドル・ニコラエヴィチ・ミハイロフ(2010年10月29日撮影)
生年月日 1950年9月15日(64歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 ロシア共和国クルスク州シグロフスク地区(シグロフスキー地区)コソルジャ
出身校 ハリコフ交通大学、ソ連共産党付属ロストフ高級党学校
所属政党 ソ連共産党 →)
ロシア連邦共産党 →)
統一ロシア

任期 2000年11月18日 -
テンプレートを表示

アレクサンドル・ニコラエヴィチ・ミハイロフロシア語: Александр Николаевич МихайловAleksandr Nikolaevich Mikhailov1950年9月15日 - )は、ロシア政治家クルスク州シグロフスク(シグロフスキー)地区コソルジャ出身。1993年から2000年までロシア連邦議会下院国家会議議員。2000年からクルスク州知事2005年2004年か?)ロシア連邦共産党を離党。

ハリコフ交通大学を卒業した後、1968年から製糖工場勤務。1974年まで兵役に就く。除隊後、ロストフ高級党学校で学ぶ。1976年クルスク州でコムソモール活動に就く。1979年ドミトリエフスク地区党委員会部長。1983年シグロフスキー地区第二書記、1991年クルスク州議会議長、シグロフスキー地区人民代議員大会議長を歴任する。1993年国家会議議員に当選。院内ではロシア連邦共産党会派、国防委員会に所属する。また、共産党内ではクルスク州第一書記1995年下院議員に再選される。軍備制限・軍縮小委員長を務める。1997年共産党中央幹部会員。1999年下院議員に三選。国防委員会副委員長。

2000年クルスク州知事選挙に立候補し、第一回投票で39.5パーセントを得、決戦投票では、55.5パーセントで当選する。

私生活では夫人との間に一男一女がいる。

先代:
アレクサンドル・ルツコイ
クルスク州知事
2000年 -
次代:
(現職)