アルマジロリピート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルマジロリピート
PDB 3bct EBI.jpg
β-カテニンのアルマジロリピート領域の構造.[1]
識別子
略号 Arm
Pfam PF00514
Pfam clan CL0020
InterPro IPR000225
SMART SM00185
PROSITE PS50176
SCOP 3bct
SUPERFAMILY 3bct

アルマジロリピートとは、ショウジョウバエのセグメントポラリティ遺伝子の遺伝子産物「アルマジロ」から見つかった配列で、タンパク質間の相互作用に重要な役割を担っていると考えられている。

アルマジロという遺伝子産物から初めて見つかった42–45個のアミノ酸からなる繰り返し構造であるためアルマジロリピートと命名された。アルマジロの脊椎動物ホモログであるβ-カテニンやp120の他に、ヒトの癌抑制遺伝子APCや核内輸送にかかわるインポーティンなどにこの繰返し構造が見つかっているため、の研究においては重要な位置を占めている。

脚注[編集]

  1. ^ Huber AH, Nelson WJ, Weis WI (September 1997). “Three-dimensional structure of the armadillo repeat region of beta-catenin”. Cell 90 (5): 871–82. PMID 9298899.