インポーチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

インポーチン(importin)は、核局在信号(nuclear localization signal、NLS)と呼ばれる特定のアミノ酸配列に結合して、タンパク質細胞核の中に運び込む役割を担う輸送タンパク質である。インポーチンはカリオフェリン(karyopherin)の1つに分類される。

インポーチンは2つのサブユニット、αとβから構成されている。インポーチンαは、核に輸送する対象となるタンパク質のNLSに結合する。一方インポーチンβは、インポーチンヘテロ2量体-輸送対象タンパク質複合体が核孔に結合するのを助ける。NLS-インポーチンα-インポーチンβ 3量体は核内に入ってからRan GTPに結合してから分解する。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]