アルフレート・グーゼンバウアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルフレート・グーゼンバウアー
Alfred Gusenbauer
Alfred Gusenbauer 26.10.2008.jpg

任期 2007年1月11日2008年12月2日

出生 1960年2月8日
オーストリアの旗 オーストリア ニーダーエスターライヒ州ザンクト・ペルテン
政党 オーストリア社会民主党

アルフレート・グーゼンバウアーAlfred Gusenbauer,1960年2月8日‐)は、オーストリア政治家連邦首相(2007年1月11日 - 2008年12月2日)、オーストリア社会民主党党首

経歴[編集]

グーゼンバウアーは、ニーダーエスターライヒ州イブス(Ybbs)で労働者家庭の長男として生まれた。7歳の時に、イブスの市民会館でブルーノ・クライスキーの演説を聞き、感銘を受ける。小学校校長の勧めで11歳でヴィーゼルブルクギムナジウムに進学。1987年にオーストリアの平和運動についての論文でウィーン大学博士号取得。

2006年の総選挙で国民議会第一党の座をオーストリア国民党から奪回し、2007年1月に連邦首相に就任した。

2008年6月、国民党との連立政権が崩壊したことを受けて社民党の党首を辞任し、国民議会の解散・総選挙後は首相の再登板を目指さない意向を表明した。

先代:
ヴォルフガング・シュッセル
オーストリア共和国連邦首相
2007–2008
次代:
ヴェルナー・ファイマン
先代:
ヴィクトル・クリーマ
オーストリア社会民主党党首
2000–2008
次代:
ヴェルナー・ファイマン