アルセス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルセスArses, 古代ペルシア語:アルシヤ、?‐紀元前336年)は、アケメネス朝ペルシアの大王。アルタクセルクセス(アルタフシャサ)4世とも呼ばれる。



帝国は内憂外患で危機に瀕していた。当時ギリシャではマケドニア王ピリッポス2世が覇を唱えており、アルタクセルクセス3世が反マケドニア勢力を支援したことを謝罪するよう要求してきた。アルセスがこの要求を退けるや、ピリッポスはそれを大義名分にペルシア侵攻に取り掛かった。

一方、宮廷の実権を握る宦官バゴアス英語版が紀元前338年に大王アルタクセルクセス3世を毒殺した際、その王子たちもことごとく殺害されたが、一人アルセスのみが残され、バゴアスによりアルタクセルクセス4世として帝位に擁立され、内政の実権は完全にバゴアスに握られた。アルセスはバゴアスを除こうとしたが、却ってバゴアスにより王子ともども毒殺された。帝位をめぐりアケメネス家の生き残りであるダレイオス3世とバゴアスの間でさらに紛争が続いたが、バゴアスもまた毒殺され、ダレイオス3世が帝位を継いだ。

文献[編集]

  • Pierre Briant: From Cyrus to Alexander: A History of the Persian Empire. Winona Lake 2002, S. 769ff.


先代:
アルタクセルクセス3世
アケメネス朝の王
前338 - 前336年
次代:
ダレイオス3世
先代:
アルタクセルクセス3世
古代エジプト王
210代
前338 - 前336年
次代:
ダレイオス3世