アルケラオス (カッパドキア王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルケラオス:Αρχέλαος、ラテン文字転記:Archelaos、? - 17年、在位:紀元前36年 - 17年)は、カッパドキアの最後の王である。

アルケラオスはコマナの高級神官であった同名の父アルケラオスとその妻グラヒュラの子であり、第一次第三次ミトリダテス戦争で活躍した将軍アルケラオスの曾孫である。紀元前36年、カッパドキア王アリアラテス10世を追い出したマルクス・アントニウスによってアルケラオスはカッパドキア王に据えられた(ただし属国状態)。アルケラオスは第2代ローマ皇帝ティベリウスの治世まで王位にあった。タキトゥスの伝えるところでは、ティベリウスがロドス島に住んでいた時にアルケラオスは一度も彼の許に伺候しなかったため、ティベリウスの不興を買い、別の機会でローマに召還された時、(理由は不明であるが)ティベリウスと元老院の弾劾を受けたという[1]。アルケラオスの死後、カッパドキアはローマに吸収され、ローマの属州となった[2]

脚注[編集]

  1. ^ タキトゥス, II. 42
  2. ^ ストラボン, XII. 1. 4

参考文献および参考URL[編集]


先代:
アリアラテス10世
カッパドキア王
紀元前36年-17年
次代:
ローマ帝国の属州