アテナイオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アテナイオス
Ἀθήναιος Nαυκράτιος
誕生 ナウクラティス
死没 192年以降
職業 散文作家、雄弁家、文法家
代表作 食卓の賢人たち
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

アテナイオス(アテーナイオス、Athếnaios Naukratios, : Ἀθήναιος Nαυκράτιος)は200年ごろのギリシア語散文作家、雄弁家、文法家である。出身地にちなみナウクリティスのアテナイオスとも呼ばれる。エジプトのナウクラティス出身。スーダ辞典は「マルクスの頃の人」とのみ伝える。しかしコンモドゥス(192年没)についてのアテナイオスの記述から推定するに、コンモドゥスのころまで生きていたらしい。

『食卓の賢人たち』における食卓と当時の料理の描写で知られる。アテナイオスは自身の代表的な著作を、「タラッタ」(thratta)という魚についての論文(この魚はアルキッポスと他の喜劇詩人によって言及されている)およびシリアの諸王の歴史とみなしていたが、双方とも散逸した。

作品[編集]

出典・参考文献[編集]

  • 柳沼重剛 『食卓の賢人たち』解説

外部リンク[編集]