とも座A

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
とも座A
Puppis A Chandra + ROSAT.jpg
チャンドラによるX線画像
星座 とも座
分類 S
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 08h 24m 07s
赤緯 (Dec, δ) =-42° 59' 48
赤方偏移 km/s
距離 7.000 光年
別名称
■Project ■Template

とも座A(Puppis A)は、直径約10光年の超新星残骸である。超新星は、約3700年前に「発生した」(即ち、地球から見られた)。ほ座超新星残骸と重なっているが、4倍も遠くにある。「宇宙のキャノンボール」とも呼ばれ、500万km/sもの速度で移動する高速中性子星RX J0822-4300は、この超新星残骸の中にある。

とも座X-1[編集]

とも座X-1(Puppis X-1)は、1971年10月のスカイラークの飛行によって発見され、恐らくその可視部分はとも座Aであると考えられている。とも座Aは、最も明るいX線源の1つで、そのX線は2U 0821-42と呼ばれる。

出典[編集]

  • "Puppis A: Chandra Reveals Cloud Disrupted By Supernova Shock", Chandra: NASA/CXC/GSFC/U.Hwang et al.; ROSAT: NASA/GSFC/S.Snowden et al., [1]
  • Simbad