じょうろ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プラスチック製のじょうろ
金属製のじょうろ
RegaderaMetalica.jpg
ハス口
Pommes arrosoirs.jpg

じょうろ(「如雨露」とも表記)とは、通常、取っ手と注ぎ口のある持ち運びのできる容器で、植物に水をかけるために用いられる。17世紀にはすでに存在していたとされる。語源は、一説にはポルトガル語で「水の噴出」を意味する「jorro」に由来するともされる。

じょうろの容量は0.5リットルから、10リットル程度のものまである。小さいものは家庭内にある植物に、大きいものは庭園などで使う。金属陶磁器プラスチック製のものがある。注ぎ口(容器の下側から出ている長い管)の先端にはハス口口)と呼ばれる、小さな穴のたくさん開いたキャップ状の注ぎ口を取り付けることができる。ハス口は水流を弱めてシャワー状にし、植物や土を傷めることを防ぐために使う。

関連項目[編集]