α-ナフチルチオ尿素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
α-ナフチルチオ尿素
識別情報
略称 ANTU
CAS登録番号 86-88-4 ×
PubChem 736366
ChemSpider 643492 チェック
KEGG C19136
特性
化学式 C11H10N2S
モル質量 202.28 g/mol
危険性
主な危険性 毒性
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

α-ナフチルチオ尿素 (α-naphthylthiourea, ANTU, Dirax) は、有機硫黄化合物の一つ。チオ尿素誘導体で、殺鼠剤として使われる。肺水腫を誘発させることによって機能し、ラットに対し比較的選択毒性をもつ[1]

安全性[編集]

現在、イギリス政府は植物防疫に使うことを禁じている[2]

出典[編集]

  1. ^ Sipahi EY, Ozel Tekin I, Comert M, Barut F, Ustun H, Sipahi TH. Oxidized low-density lipoproteins accumulate in rat lung after experimental lung edema induced by alpha- naphthylthiourea (ANTU). Pharmacological Research. 2004 Dec;50(6):585-91. PMID 15501696
  2. ^ http://www.pesticides.gov.uk/approvals.asp?id=55