To be free

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
To be free
シングル
初出アルバム『Beautiful World
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル J Storm
作詞・作曲 Soluna(作詞 #1)
Samuel Waermo(作曲 #1)
Octobar(作曲 #1)
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位オリコン
  • 2010年7月度月間1位(オリコン)
  • 2010年8月度月間25位(オリコン)
  • 2010年度年間10位(オリコン)
シングル 年表
Monster
(2010年)
To be free
(2010年)
Løve Rainbow
(2010年)
Beautiful World 収録曲
morning light
(14)
To be free
(15)
このままもっと
(16)
テンプレートを表示

To be free」(トゥー ビー フリー)は、の31枚目のシングル。2010年7月7日J Stormから発売された。

概要[編集]

シングルは通常盤の1種で販売。収録曲は「To be free」1曲のみでカップリングは無く、そのオリジナル・カラオケPV・メイキングが収録された。初回プレス盤には歌詞ブックレット(16P)が付属している。

PVは壮大で荒々しい自然をイメージ。スタジオに白砂を敷き流木などを置き、鷹や花・砂漠・滝などを流すスクリーンをバックに5人が歌う様子が収録されている。

メディアでの使用[編集]

「To be free」はメンバーの櫻井翔出演のアサヒ飲料三ツ矢サイダーCMソング。同CMには以前から櫻井が出演していたが、CMソングを手がけたのは今作が初となった。CMタイアップは嵐のシングルの表題曲としては「Everything」以来。また、怪物太郎(怪物くん)名義のメンバーの大野智ソロ曲「ユカイツーカイ怪物くん」が今作と同日に発売されたため、大野は同日に2枚のシングルを発売するということになった。

チャート成績[編集]

発売前日の2010年7月6日付オリコンデイリーシングルチャートで推定売上枚数約18.0万枚を記録し首位を獲得した。同日付のデイリーチャートでは、シングルが本作と同時に発売された大野智のソロ曲「ユカイツーカイ怪物くん」が推定売上枚数約5.9万枚で2位となり、グループとソロで1位と2位を独占する結果になった[1]

2010年7月19日付オリコン週間シングルチャートで初登場1位を獲得した。同チャートでの1位獲得は12thシングル「PIKA★★NCHI DOUBLE」以来20作連続、通算27作目となり、20作連続での1位獲得は浜崎あゆみ(2009年3月9日付で達成)以来約1年4か月ぶり、史上5組目の記録となった。初動売上は約42.6万枚となり、累計売上は51万枚。また、同週のチャートでは前述の「ユカイツーカイ怪物くん」が約14.3万枚の売上で2位にランクインし、約9年10か月ぶりにグループ・ソロでの1位・2位独占を成し遂げた[2]

収録曲[編集]

CD

  1. To be free [3:45]
    作詞:Soluna、作曲:Samuel Waermo・Octobar、編曲:Samuel Waermo・吉岡たく
  2. To be free(オリジナル・カラオケ)

DVD

  1. To be free(PV+メイキング)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “嵐&大野・怪物くんがデイリーシングル1・2位”. ORICON STYLE. (2010年7月8日). http://www.oricon.co.jp/news/77963/ 2014年1月3日閲覧。 
  2. ^ オリコン (2010年7月13日). “嵐が約10年ぶり快挙、グループ&ソロで1・2位独占” (日本語). 2010年7月14日閲覧。